ダイハツ工業のインターン/本選考 内定!ES/面接/WEBテスト対策

ダイハツ工業のインターン/本選考 内定!ES/面接/WEBテスト

[PR]

ダイハツ工業のインターン選考や、本選考のフロー、求める人材像や年収、エントリーシート(ES) / 面接で聞かれる質問、WEBテストの形式とその対策法をまとめました。インターンの応募、OB訪問やES提出前に、選考突破に向けた対策法を確認するためにご覧いただければと思います。

>>【元採用担当が語る】使わないと損!おすすめ就活サイト<<

↓「目次を開く」ことで、見たい箇所に直接飛ぶことができます↓

日本初を代表する軽自動車トップシェア企業:少数精鋭なダイハツ工業の概要

日本初の軽自動車の量産化を行ったのがダイハツ工業です。ダイハツはトヨタグループの中でも軽自動車に強みを持ち、2020年時点では、トヨタの世界販売台数1074万台のうち約1/6の170万台をダイハツが生産・販売していて、国内では現在11年連続で軽自動車のトップシェアを誇っています。

そんなダイハツのクルマづくりの原点は「軽を基点にした1mm・1g・1円にこだわる良品廉価なクルマづくり」です。独自製法による原価低減で衝突回避支援システムの軽初常備を実現してきました。

ダイハツの社員さんは皆、「一人が手掛ける仕事の範囲が広い」という仰っています。「生産技術や設計担当者が、車両の企画段階である上流工程から入り込み、部門の垣根を低くし、高効率な車両開発を進めるといった、柔軟性に富んだ風土を実感していただけるはず」という声もありました。大企業でありながら、幅広い経験を積むことができるのではダイハツならでは魅力です。

ダイハツ工業の年収|インターン応募 / ES提出前に知るべき、待遇情報

ダイハツ工業の待遇は良く、ある社員さんは「給与面では大手メーカーであるのて比較的水準は高いと思う。」との声もありました。特に、関西をメインの拠点とし、多くの方が関西で仕事をするダイハツにとって、東京勤務でない場合は非常の良い年収水準であるという事ができます。

ダイハツ工業の年収目安

  • 25歳:450-550万
  • 30歳(副主任):600-700万
  • 35歳(主任):700-900万
  • 課長クラス:1,000-1,200万
  • 次長クラス:1,200-1,400万
  • 部長クラス:1,400-万

「ダイハツ工業が求める人材像3点」を知ってからインターン・本選考に応募しよう

「ダイハツ工業が求める人材像3点」を知ってからインターン・本選考に応募しよう

ここでは、インターンや本選考を応募する前に知っておきたい「ダイハツ工業が求める人材像3点」について解説してきます。

1.自ら目標を設定し、原因を特定し、問題解決ができるか

ダイハツの総合職は、先にも述べた通り少数精鋭ゆえの幅広い業務と責任があります。そのため、面接においても「施策の独自性」「施策がもたらした課題に対する変化」「施策による組織への影響」など、”問題解決に向けどう取り組んだか”について細かく聞かれます
回答に際しては、目標を設定し、問題に直面した際は原因を特定し、原因に対する確からしい打ち手を自ら考え、行動することが求められます。(これはダイハツに限らず車メーカーに入社すると必ず必要なスキルでもあります)

2.ダイハツ工業理念への共感を示し、明確な志望理由を示せるか

ダイハツの新卒採用では、高い志望度からくる説得力のある志望動機をもった学生を求めています。ESや面接では「なぜメーカーか」「なぜダイハツ工業か」「他の企業との比較してダイハツ工業の志望動機は何か」を繰り返し聞かれます。
背景に、日本の車メーカーは魅力的な企業が多数あるため、他の自動車メーカーに人材がとられることを防ぎたい、という企業側の意図があります。
ダイハツ工業の仕事の魅力である「少数精鋭であること」「ダイハツが大切にするDNGA(良品廉価・最小単位を極める・先進技術をみんなのものに)という3つの価値に対する共感」「社員さんの仕事に対する哲学への共感」などを整理しておくとよいでしょう。
ダイハツのように明確な志望動機が求められる会社は多くある一方、「1社1社整えるのは大変」という就活生の事情も分かります。そんな方向けに志望動機の書き方と例文・作り方についてまとめた記事を記載しました。もしよろしければ、ぜひご覧ください。

3.周囲を巻き込みながら、成果を創出するリーダーシップを示せるか

少数精鋭のダイハツ総合職では、周囲を巻き込みながら成果につなげるスタンスが必要とされます。他職種や現場の技能職、販売点や部品サプライヤーなど様々な関係者から成るプロジェクトベースでの仕事が中心となるため、リーダーシップを発揮しながらプロジェクトを前に進めます。
実際、面接でもガクチカとして「リーダーシップに関する経験」「周囲を巻き込んで成果を出した経験」などを聞かれることもあります。
上記のようなガクチカを伝える際、「分かりやすさ」が非常に重要になります。ガクチカ・学生時代頑張ったことの書き方と例文について次の記事にまとめています。こちらもよろしければ見てみてください。

ダイハツ工業のインターン選考フロー・対策のポイント

ダイハツ工業のインターン選考フローは次の通りとなっています。

ダイハツ工業|インターン選考フロー

エントリーシート(ES) → インターン参加

ダイハツ工業では例年、次のインターンシップを就活生向けに提供しています。

技術系向け

・【1日インターン】『先進技術をみんなのものに』/ダイハツのクルマづくり体感プログラム

・【2日間インターン】次世代モビリティの開発現場体験プログラム

事務系向け

【1dayインターン】『ユーザーオリエンティッド』なモノづくり体感プログラム

ダイハツのインターンの選考はエントリーシート(ES)のみであるため、非常に高い倍率であることが想定されます。ES選考では、ダイハツ、インターンに関する志望動機はほぼ毎年聞かれていますので、ES提出前に企業研究をしておくと良いでしょう。

ダイハツ工業のインターン選考|エントリーシート(ES)で聞かれること、書き方

ダイハツ工業のインターン選考におけるエントリーシート(ES)は文字数が多くなく、また設問もオーソドックスな内容であるため、難易度は高くありません。しかし、上述の通りエントリーシート(ES)しか選考がないため、インターンのES選考は非常に高倍率であることが想定されます。

事務系・技術系に共通して「ダイハツのインターンの志望動機」を聞かれます。そのため、上述の「ダイハツが求める人材像3点|ダイハツ工業への共感を示し、明確な志望理由を示せるか」や「ダイハツ工業が大切にするDNGA」を念頭にESの記載を進めましょう。

ダイハツ工業のインターン選考|エントリーシート(ES)で聞かれること

過去のES設問|①

  1. ダイハツ工業のインターンシップの応募理由と将来ダイハツで挑戦したいことをご記入ください(300字)
  2. 学生時代力を入れて取り組んだこと、強みや特技などあなたらしさが分かるエピソードを含めた自己PRをご記入ください。(300字)

過去のES設問|②

  1. ダイハツ工業のインターンシップへの意気込みをお聞かせください

過去のES設問|③

  1. 100〜300文字で自分を自由に表現してください

ダイハツ工業のインターンのESは、「基本的な質問であること」「文字数が多くないこと」から”伝わりやすさ”が選考突破のポイントとなります。また、インターン選考では、「会社に対する志望動機」ではなく「インターン志望動機」が求められる等、「書きにくい」という方もおられます。そういった方向けにインターンのESの書き方についてまとめました。

ダイハツ工業|インターン当日の内容まとめ

技術系向け①

テーマ :【1日仕事体験】『先進技術をみんなのものに』/ダイハツのクルマづくり体感プログラム

内容:参加する就活生の数は20-30名程度、学部生と院生がそれぞれ50%ずつ参加されていて、選考も機械系に限られず幅広い専攻の就活生が参加されるようです。「先進技術をみんなのものに」というテーマで、考えられる新機能などを学生1人1人がアイデア出しをします。次に、そのアイデアを4-5人のチームで披露し、その中から具体的にターゲットとテーマを決めます。その上で生じる課題とその改善策を議論しながら結論をまとめ、発表します。

技術系向け②

テーマ :【2daysインターンシップ】次世代モビリティの開発現場体験プログラム

内容:ダイハツ工業が「次世代モビリティ」の研究開発を進めている九州開発センターにて、開発現場ツアーや、最先端のダイハツの技術に関する講義があります。また、社員さんとの交流や、座談会などを通じて、技術者の1日や技術開発への心構え等を知ることができる場となっています。

事務系向け

テーマ:【1日仕事体験】『ユーザーオリエンティッド』なモノづくり体感プログラム

内容:5-6人ほどのチームに分かれて、グループディスカッション(GD)を行います。GDの結論については、最後に他のチームの前で発表し、社員さんからフィードバックをいただくきます。インターンでのグループディスカッション(GD)のお題は、「コストや差別化という視点を持ちながら、ダイハツ工業の新商品の企画」に関する内容です。ダイハツのインターン参加前に、軽自動車のコストや技術について予習しておくことで、充実したディスカッションができると思います。また、年によっては、ダイハツ車の見学会もあるとのことでした。

ダイハツ工業|インターン

ダイハツ工業|本選考フローと対策のポイント

ダイハツ工業の本選考フローは次の通りです。面接の間にグループディスカッション(GD)に挟まれていて、このGDでかなりの就活生がふるいにかけられると想定されます。

ダイハツ工業|本選考フロー

エントリーシート(ES)→WEBテスト→1次面接→グループディスカッション(GD)→最終面接→内定

また、ダイハツの本選考では、インターン選考以上に「ダイハツ工業が求める人材像3点」を意識して、各ES/面接の選考に臨む必要があります。それでは、各選考の詳細について説明いたします。

ダイハツ工業の本選考|エントリーシート(ES)で聞かれること・記載のポイント

ダイハツ工業のエントリーシート(ES)選考では、「自ら目標を設定し、原因を特定し、問題解決ができるか」「ダイハツ工業への明確な志望動機があり、実現したいことを説明できるか」を問われます。(技術系の方は、プラスで研究概要についての説明も求められます)

聞かれることは「ガクチカ」「志望動機」に関することと一般的な内容ですが、文字数は500-600文字であるため、冗長にならないよう、構造的に記載すると良いでしょう(例えば、ガクチカに関することであれば、「結論→目標→問題→原因→解決策→成果・結論」という書き方)。また、ESに書いた内容に沿って、面接の質問がなされます。そのため、面接で聞かれても答えられる範囲でESを記載しましょう。

ダイハツ工業の本選考|エントリーシート(ES)で聞かれること

ES設問|2019年

  1. これまで設定した最も高い目標を以下の観点を含めて記入下さい。(どのような目標か/目標達成のプロセス/結果/活動を通じた気付き・学び)(600字)
  2. 応募した職種で挑戦したい分野と、その理由を記入ください(500字)

ES設問|2020年

  1. ダイハツで挑戦したい職種分野をご入力ください。上記分野の理由をご記入の理由をご記入ください(500字)
  2. これまでに力を入れて取り組んだことについて、以下の観点を含めて記入ください。(動機/どのような目標を立てたか/目標をどう分析し対策を行ったか /取組みを通じた気付き・学び)(400字)

ダイハツ工業の本選考|WEBテスト対策

エントリーシート(ES)に通過したら、WEBテスト選考に進みます。ダイハツのWEBテストの形式はSPIで、時間は60分、言語・非言語があります。SPIは、事前の勉強することで選考突破に繋がるため、次の本を2周しておけば安定的に通過できると思います。

ダイハツ工業の本選考|一次面接の質問と回答のポイント

WEBテストに通過すると、一次面接→グループディスカッション(GD)→最終面接と続きます。一次面接の雰囲気は穏やかです。面接で聞かれる内容は基本的な質問で、エントリーシート(ES)に書いたことや、ガクチカ、自己PR、ダイハツの志望動機などが聞かれ、最後に逆質問があります。面接前にESをよく読み、自分でエントリーシートに書いたことを深堀りをしながら対策をしておきましょう。

ダイハツ工業|一次面接で聞かれること

  1. 自己紹介をしてください
  2. エントリーシート(ES)に関する質問
  3. あなたの長所と短所を教えてください
  4. ダイハツを志望する理由を教えてください
  5. ダイハツで挑戦したい職種とその理由ついて教えてください
  6. 逆質問

ダイハツ工業の本選考|グループディスカッション(GD)対策

時間は1時間程度、5-6人のグループになって議論を進めます。過去のお題は「ダイハツのクルマについてどのようにプロモーションすべきか」という内容です。

グループディスカッション当日の進め方|対策のポイント

  1. グループでディスカッションに入る前に、個人ワークで「ダイハツの強み」「ダイハツのイメージ」をワークシートに記入(5分程度)
  2. 5-6人のメンバーでグループディスカッション(1時間程度)
  3. 議論の結論について発表

個人ワークについては、「事前にどれだけダイハツの企業研究ができているか」を問うているので、企業研究をした上でGD当日に臨むことをオススメします。

グループディスカッションに入ると、上述の、「ダイハツが求める人材像|3.周囲を巻き込みながら、成果を創出するリーダーシップを示せるか」を意識しながら、議論を進めることがポイントです。相手の意見を尊重しながら、「目標の設定・目標を達成するためのアイデア出し・目標達成に向けた確からしい施策の選定」という順で議論をリードしていきましょう。また、1時間ありますが時間配分にも注意してください。

ダイハツ工業の本選考|最終面接対策

最終面接では、一次面接とは異なり、エントリーシートに沿った質問がなされません。面接官は、面接を受けている就活生自身の価値観について深堀りをされます。「ダイハツ工業が求める人材像3点」を念頭に置いて、面接の質問に答えられると良いでしょう。実際に、ダイハツの面接官の方も「ダイハツ工業が求める人材像3点」に沿った質問をされていました。

ダイハツ工業|最終面接で聞かれること

  • これまで高い目標を設定し、自分なりにやりきったことについて教えてください
  • どのようなことを意識して仕事に取り組みたいですか
  • これまでに困難だった経験について教えてください
  • ダイハツの志望動機を教えてください
  • 希望した職種に対する志望動機を教えてください

この最終面接を突破できれば、内定です!

ダイハツ工業|インターン / 本選考対策まとめ

このページでは、ダイハツ工業について気になる方向けに、ダイハツの概要や年収などの待遇情報についてご紹介しました。また、ダイハツを志望される方向けには、インターン選考や、本選考のフロー、エントリーシート(ES)/ WEBテスト / 面接突破に向けたコツをご案内しています。このサイトでは、ダイハツの他にも、人気企業のインターン・本選考対策情報を公開しています。ぜひ、ご覧ください。

ホンダ(本田技研工業) インターン/本選考対策:ES/面接/WEBテスト/GD

日産自動車(NISSAN)のインターン/本選考 内定!ES/面接/WEBテスト対策

ソニー(SONY)のインターン&本選考攻略!ES / 面接 / WEBテスト対策法

パナソニック(Panasonic)のインターン/本選考対策:ES/面接/WEBテスト

三菱電機 インターン/本選考 内定!エントリーシート(ES)/面接/WEBテスト対策法

日本電産のインターン/本選考 内定!エントリーシート(ES)/面接/WEBテスト対策法

日本電気(NEC)のインターン/本選考攻略!ES/面接/WEBテスト対策

アサヒ飲料 インターン / ES / 面接の攻略方法

スズキ インターン/本選考 内定!エントリーシート(ES)/面接/WEBテスト対策法

参考:ダイハツ工業採用ページ

タイトルとURLをコピーしました